防水原理・特徴

ケイ酸質系塗布防水材とは

通常硬化したコンクリートの内部にはセメント粒子や骨材などの間に小さな空隙が存在しています。その空隙の大きさが大きい場合や空隙の量が多く存在することで、コンクリート構造物の水密性を確保することは困難な状況となります。
ケイ酸質系塗布防水材は、コンクリート表面に塗布することで、コンクリートそのものを緻密なものに変化させ、透水に対して防水性を付与する材料になります。防水機構は、防水材中から溶出したケイ酸イオンが、コンクリート中に浸透・拡散し、コンクリートの空隙中にあるカルシウムイオンと化学的に反応して不溶性のケイ酸カルシウム水和物が生成し、この結晶がコンクリート表層部の毛細管空隙を充填することによるものです。この反応によってコンクリート表層は、針状または繊維状結晶の成長促進作用で充填され、メンブレン防水とは異なる、コンクリート自体の緻密化による防水が可能となります。

ケイ酸質系塗布防水材の特徴

  • 水圧側の施工を原則とするが、背面水圧側の施工でも防水効果を発揮する。
  • 湿った下地に施工が可能で工期が短縮できる。
  • 安全性が高く、防水効果は半永久的である。
  • コンクリート躯体の耐久性を向上する。

ケイ酸質系塗布防水材の防水機構

ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム
  • ケイ酸質系塗布防水材を所定の配合で混練りしコンクリー卜に塗布する。

    ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム

    防水材中のケイ酸質微粉末からケイ酸イオンが溶出する。

    ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム
  • コンクリー卜中の毛細管空隙を通じてケイ酸イオンが浸透・拡散する。

    ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム

    ケイ酸イオンが毛細管空隙中のカルシウムイオンと化学反応して針状または繊維状のケイ酸カルシウム水和物を新たに生成して、毛細管空隙を充填する。

    ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム
  • 浸透・拡散による緻密化は長期にわたって継続し、高圧透水に対して高い防水性を発揮する。

    ケイ酸質系塗布防水材による防水メカニズム

    ケイ酸イオンの溶出 :ケイ酸イオンの溶出

    コンクリート中のカルシウムイオン :コンクリート中のカルシウムイオン

    ケイ酸イオンの浸透・拡散 :ケイ酸イオンの浸透・拡散

    結晶(ケイ酸カルシウム水和物)の生成・充填 :結晶(ケイ酸カルシウム水和物)の生成・充填

フレーム
生成した針状結晶例 生成した針状結晶例

生成した針状結晶例

pagetop